ミスココは妊娠中や授乳中に飲んでもいいの?

ミスココは妊娠中や授乳中に飲んでもいいの?

 

 

ミスココは妊娠中や授乳中に飲んでもいいの?

 

 

ミスココはスッキリしたプロポーション作りをサポート、好きなものを食べながらダイエットできるのでストレスを感じなくて済むのが好評です。

 

 

ミスココにプラスしてヨガ、適度な運動などを組み合わせると、より効果が期待できるようです。

 

 

 

■ミスココは妊娠中に飲んでもいいの?

 

 

「ミスココを飲みながらプロポーション作りに励んでいたのですが、気が付いたら妊娠していました。

 

 

このまま飲み続けても大丈夫でしょうか?」という質問について考えてみました。

 

 

ミスココに使用されている成分は全て天然由来のものなので、結論から言うと特に問題はないようです。

 

 

・スーパーフードとして配合されているもの

 

 

タイガーナッツ、カクシクムペッパー

 

 

・体をスッキリさせる成分

 

 

赤ビーツ、スポロ乳酸菌

 

 

・食事コントロールに働く成分

 

 

アルディーアルグ、難消化性デキストリン、ミスカミスカ

 

 

・美容に働く成分

 

 

ココナッツオイル、リンゴマックスパウダー、アスタキサンチン、桑の葉末、ギムネマ末、サラシア末、キトサン、杜仲茶末、グアバ葉エキス末、ファベノールホース

 

 

名前を聞いただけで分かるお馴染みの植物もありますが、聞いただけでは分かりにくい物もありますので、それらについてもう少し詳しく調べてみました。

 

 

アルディーアルグ・・・コンブの仲間の海藻類で、フロロタンニンという海藻ポリフェノールを含んでいます。

 

 

摂取した脂質を、腸で吸収するのを抑制してくれる働きがあります。

 

 

難消化性デキストリン・・・とうもろこしのでんぷんから出来ていて、食物コレステロールの吸収を抑制してくれます。

 

 

ミスカミスカ・・・南米ペルーのアンデス高地に生息するハーブで、腸内環境を整え、アンチエイジングに役立ちます。

 

 

アスタキサンチン・・・自然界に広く分布している天然の赤い色素で、サケやエビ、カニなどに多く含まれるカロテノイドの一種です。

 

 

疲労物質と言われる活性酸素を消去する、抗酸化作用をもつ成分です。

 

 

キトサン・・・カニの殻を主原料にしてつくられた動物性の食物繊維です。

 

 

悪玉コレステロール、ウイルスなどを吸着し排出する働きがあります。

 

 

ファベノールホース・・・白インゲン豆から抽出されたもので、炭水化物の吸収抑制効果が知られています。

 

 

ここにピックアップして説明を加えたもの以外はあえて説明はしませんでしたが、聞いただけでも分かる植物ですよね。

 

 

このように天然由来のものなので、妊娠中に飲んでも特に問題はありませんが大切な時期でもありますし、何かとデリケートになることも多い時期なので、気になる人は医師に相談しましょう。

 

 

 

■ミスココは授乳中に飲んでもいいの?

 

 

産後は育児に加え、妊娠中に大きくなったお腹が中々元に戻らず悩む時期でもありますね。

 

 

そこでダイエットもそろそろ始めたい、そんなママさんも多いかと思います。

 

 

ミスココを授乳中に飲むのは母乳への影響も気になるので、どうなのでしょうか?

 

 

授乳期には摂取を避けた方が無難な成分というものもあって、その代表的なものとしてイソフラボン系(大豆イソフラボン、プエラリア、レッドクローバーなど)やプロポリスがあります。

 

 

ミスココには使用されてないものばかりですが、やはり赤ちゃんの飲む母乳に影響することですから、かかりつけの医師に相談してから摂取する方がいいでしょう。

 

 

なお、ミスココにはカニの成分が含まれていますから、妊娠中・授乳中以外の方でも、甲殻類アレルギーがある場合は気を付けましょう。

 

 

 

ミスココを最安値でゲットできる激安通販サイトはこちら